第24回 HAB研究機構学術年会プログラム(座長および演者は敬称略)
 2017年4月10日現在 ※演題および演順は変更になる場合がございます

1日目(6月1日/木)  2日目(6月2日/金)  3日目(6月3日/土)

  1日目: 6月1日 (木) 

9:00〜9:05  開会の辞    
    樋坂 章博(学術年会長・千葉大学大学院)    
         
9:05〜11:05  シンポジウムT: In silico モデリングの可能性と応用    
  座長:吉成 浩一(静岡県立大学大学院)、平林 英樹(武田薬品工業株式会社)    
         
    スマート創薬基盤としてのAI、スパコン、Mixed Realityとその応用
  関嶋 政和(東京工業大学科学技術創成研究院)
    機械学習を利用した薬物の経皮吸収性予測
  馬場 廣海(マルホ株式会社)
    異物応答性核内受容体CARへの薬物結合によるCYP2B6発現誘導に関するin silico予測   加藤 晴敏(田辺三菱製薬株式会社)
    大規模副作用情報および化学構造情報の融合が拓く医薬品の安全性予測   植沢 芳広(明治薬科大学)
         
11:05〜11:55  招待講演T    
  座長:宮内 正二(東邦大学)    
         
    データ駆動型ドラッグリポジショニングによるシステム創薬   山西 芳裕 (九州大学生体防御医学研究所)
         

12:00〜13:25 

昼食・休憩    
         
(12:00〜12:30)   第15回総会    
(12:30〜13:25)   第39回理事・監事会および第15回評議員合同会議    
         
13:25〜14:15  招待講演U    
  座長:石田 誠一(国立医薬品食品衛生研究所)    
         
    ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた安全性薬理試験法の確立   関野 祐子(東京大学大学院)
         
14:15〜16:15  シンポジウムU:  非臨床研究の情報に基づくモデリング    
  座長:楠原 洋之(東京大学大学院薬学研究科)、佐藤 洋美(千葉大学大学院)    
         
    化学構造に基づくヒトクリアランス経路予測
  前田 和哉(東京大学大学院)
    経験則に基づくヒト薬物動態の予測   輪嶋 恵宏(塩野義製薬株式会社)
    TK-NOGマウスおよび各種動物モデルを利用したPBPKモデリングによるヒト動態予測   山崎 浩史(昭和薬科大学)
    システムファーマコロジー手法による医薬品副作用の予測   本間 雅(東京大学医学部附属病院)
         
16:15〜16:35  休憩    
         
16:35〜17:25  招待講演V    
  座長:奥平 典子(第一三共株式会社)    
         
    Using Quantitative Systems Pharmacology to advance oncology drug development   Daniel C. Kirouac(Genentech Inc.)
         
18:00〜20:00  懇親会    
         
         

  2日目: 6月2日 (金) 

09:30〜11:30  シンポジウムV: PB-PKモデルとPK-PDモデルの適用と発展    
  座長:伊藤 清美(武蔵野大学)、千葉 雅人(大鵬薬品工業株式会社)    
         
    Staticモデルによる小腸代謝の寄与推定とPBPKモデルへの応用   中村 己貴子(中外製薬株式会社)
    抗凝固薬エドキサバンのP-gpを組込んだPBPKモデルの構築と臨床薬物相互作用解析   三日市 剛(第一三共株式会社)
    抗菌薬領域におけるPK/PDモデル解析 -PK/PD index mapの提唱とその活用例-   北村 嘉章(杏林製薬株式会社)
    機能性ディスペプシア治療薬アコチアミドの作用メカニズムに関するモデルの構築   吉井 一良(ゼリア新薬工業株式会社)
         
11:30〜13:30  昼食・休憩    
         
(11:30〜13:30)   ランチョン・プレゼンテーション(ポスター発表)    
         
13:30〜14:20  招待講演W     
  座長:樋坂 章博(学術年会長・千葉大学大学院)    
         
    人工知能(AI)を利用した血液がんのPrecision Medicine
  東條 有伸(東京大学医科学研究所)
         

14:20〜14:20 

休憩    
         
14:20〜16:20  シンポジウムW: 医療と臨床試験のシミュレーション    
  座長:千葉 康司(横浜薬科大学)、貝原 徳紀(アステラス製薬株式会社)    
         
    モデルに基づく医薬品開発:Elotuzumabの曝露安全性解析を例に   長谷川 真裕美(ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社)
    日常臨床データ(電子カルテデータ)を用いたフェブキソスタットの母集団薬効動態解析-施設間比較   村木 翔太、家入 一郎(九州大学大学院)
    Virtual clinical studyを用いた効率的な医薬品開発の提案   年本 広太(理化学研究所)
    バイオマーカーの長期的変化を再構築する手法SReFTの開発とアルツハイマー病の疾患進行のモデリング   徳田 慶太(東京大学医学部附属病院)
         
16:20  閉会の辞    
    樋坂 章博(学術年会長・千葉大学大学院)    
         
16:25  次期年会長挨拶    
    田端 健司(アステラス製薬株式会社)    
         

  3日目: 6月3日 (土) 

13:00〜16:30  第30回市民公開シンポジウム 「知っておきたい膵臓がんとその治療法」    
  座長:深尾 立(HAB研究機構理事長)、樋坂 章博(千葉大学大学院)    
         
    膵がんの内視鏡診断・治療と化学療法の現状   川口 義明(東海大学医学部附属病院)
    膵がん外科治療の最前線
  中郡 聡夫(東海大学医学部附属病院)
    膵臓がんを切り取らずに治療する   山田 滋(放射線医学総合研究所)